- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

トヨタ・アルファード

石川県小松市からお越しのお客様

アルファードは2002年にデビューし、2008年には初代の生産が終了となっています。
しかしトヨタ車ではその後ヴェルファイアやヴォクシーなど続く高級ミニバンを展開しており、アルファードが作った道を今は姉妹車が受け継いでいます。
今の高級ミニバンとしての土台があるのは、まさにこのアルファードがあったからこそだと言えますね。

今回はその「アルファード」のご紹介です。
【リボルト・プロ】でのご依頼をいただきました。誠にありがとうございます!

ボディをチェックすると、多数の水垢や傷などが見受けられます。
オーナー様は他社様でコーティングをかけられていたようですが、ここ数年はコーティングをかけていないとの事。
また、このお車は年式でいえば10年以上前のものとなりますので、シミやくすみがたくさんあるのも納得です。

お車に固着した水垢や傷などは放置すれば放置するほど頑固になりますので、しっかりと取り除きお車をリフレッシュしましょう!

くすんでしまったボディは頑固な水垢や汚れの層が何層にもなって出来上がってしまったものですので、この下地処理でしっかりと磨き上げていきましょう。
下地処理を行うことによって、ボディに蓄積したシミや汚れを落とします。
そうすることで、ボディに艶が戻り、またコーティング剤の定着をよくする働きもあります。
そして、小傷や水垢などでデコボコになってしまったボディを丁寧に均して、平らにしていきます。
下地処理で行う作業は「お車のボディを磨き上げること」と「ボディの表面を均一にし平らにする事」の2つなのです。
この2つがしっかりとできていないと、せっかくのコーティングも本領を発揮することができません。
磨き上げで、より艶のあるボディに。塗装面を均し、よりコーティングの定着を強固に。
【Revolt Adjust System】はこの工程をお車に合わせて最適な組み合わせで選び、ベストな状態に仕上げる技術なのです。

下地処理で磨き上げれば、くすんでいたボンネットも・・・

Before

dsc_2518.jpg

After

dsc_2537.jpg

この通り!綺麗になります。
黒く深みのある色合いのボディが復活しましたね!

その後、塗装を長く保護するためにもボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
低分子ガラスコーティングをベースとすることで繊細な凹凸のある塗装に浸透することで、定着性・耐久性に優れたガラス被膜を形成します。
トップには防汚性に優れ、UVA・UVB両紫外線軽減効果を併せもったトップコートを施工します。
この2層のコーティング、デュアルプロテクションによりお車のボディを守ることができます。

オーナー様はお車全体のくすみが消え、綺麗になったのを見て大変満足されておられました。
ほんとに新車みたいだと言っていただけて、まじまじとお車を眺めておられたのが印象的でした。
引渡しの際にはメンテナンスキット・施工証明書をお渡しいたします。
メンテナンスキットは定期的に洗車の際にご使用いただければ、コーティング効果の持続と光沢の持続させることができます。
使用方法は施工証明書にも記載がありますが、ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。
今回はご用命いただき、誠にありがとうございました。

施工時期:
2020年1月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング