- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

ルノー・カングー

石川県白山市からお越しのお客様

カングーは1997年に初代がデビューし、以降2007年からデザインの変更はあまりないものの、その独特なボディデザインはほかのお車には見られないデザイン性を感じます。
また、4速ターボから6速ターボなど、スペックの改良がなされているため走りも快適です。
静粛性に優れた室内も魅力的で、広い空間とリアゲートのおしゃれなデザインと相まって室内はまさにおしゃれなカフェという感じ。
商用車というカテゴライズながらに、普通乗用車としても需要が高そうなお車ですね。

今回はその【カングー】のご紹介です。【リボルト・プロ】でのご依頼を頂きました!
オーナー様からはボディのシミが気になるという事でご相談を頂いていたので、さっそくボディの方をチェックいたしましょう。

dsc_2486.jpg

確かに、ボンネットのところにポツポツとシミが見受けられますね。
写真では少しわかりにくいかと思いますが、赤丸の部分にシミができています。肉眼でははっきりと見えます。
それではこれを下地処理でしっかり落としていきましょう。

下地処理を行う際は、丁寧に慎重に施工を行います。
カラーリングがソリッドのグレーで、輸入車という事もあって通常よりも気が張り詰めます。
むやみやたらに下地処理を行えば、たちまち光沢は消え塗装部分がむき出しになってしまう。昔のお車に比べて最近はそういう事も減ったようですが慎重に超したことはありません。
【Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)】は高度な下地処理技術です。お車の塗装を最低限の処理で最大限の輝きに変えることができる独自の技術であり、この技術は他で真似のできないプロの技そのものです。

dsc_2504.jpg

丁寧な施工と、仕上げによりしっかりとシミを落とすことができました。
赤丸で囲んだ部分のシミなども消えていますね。

その後、塗装を長く保護するためにもボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
低分子ガラスコーティングをベースとすることで繊細な凹凸のある塗装に浸透することで、定着性・耐久性に優れたガラス被膜を形成します。
トップには防汚性に優れ、UVA・UVB両紫外線軽減効果を併せもったトップコートを施工します。
この2層のコーティング、デュアルプロテクションによりお車のボディを守ることができます。

引渡しの際にはメンテナンスキット・施工証明書をお渡しいたします。
メンテナンスキットは定期的に洗車の際にご使用いただければ、コーティング効果の持続と光沢の持続させることができます。
使用方法は施工証明書にも記載がありますが、ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。
今回はご用命いただき、誠にありがとうございました。

施工時期:
2020年1月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング窓ガラス撥水加工