- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

スバル・レガシィB4

石川県小松市からお越しのお客様

4WDセダンとして1980年代にデビューし、その人気は今も昔も変わらず続いているレガシィB4。
初代から数えて6代目になるこのB4は4ドアセダンとアウトバックの2種類が生産されています。
レガシィから数えて6代目でありB4になってからは4代目のこのお車は、ヘキサグリルとホークアイヘッドランプが従来のスバル車のファミリーフェースを作り出し、そのたくましいボディラインでダイナミックな走りを演出していますね。

今回はその『レガシィB4』のご紹介です。
【リボルト・プロ】
【窓ガラス撥水加工】
【防錆施工】
のご依頼をいただきました。ありがとうございます!

B4ビフォ1

B4ビフォ2

さてボディチェックですが、ご購入されたのはつい最近との事ですが、年式は数年前のお車という事もあって多数の傷やシミが目立ちますね。
黒色のボディなので、はっきりと見ることができます。
また傷なども、店内の照明である【高輝度LED照明】で確認することができます。この照明のおかげで、下地処理をワンランク上の仕上がりにすることができるのです。

ボディチェックの後は洗車です。丁寧に落とせる汚れはここで落としていきます。
リボルトのオリジナルシャンプーはきめ細かい泡で汚れを浮かし、ボディに付着した汚れをしっかりと落とすことができます。

洗車後は鉄粉を専用粘土で処理していきます。ボディの色が濃いとなかなか鉄粉が解りにくいですが、この粘土処理によって確実に表面についた鉄粉を除去します。

続いては下地処理です。この工程が一番大事ですので、しっかりと施工を行います。
この下地処理を行うことによって、さらにボディに蓄積したシミや汚れを落としコーティング剤の定着をよくする働きがあります。
小傷や水垢などでデコボコになってしまったボディを丁寧に均して、平らにしていきます。

ビフォ1

あふ1

ビフォ2

あふ2

施工完了後の写真です。
しっかりとシミや傷が消えているのが解ると思います。

B4あふ1

B4あふ2

ボンネットとトランクの部分も、シミや傷がしっかり落とせて、天井の照明が反射してくっきり映っていますね。

グリルB

フロントグリルもこの通り

グリルA

綺麗になりました!

下地処理を終えたその後、塗装を長く保護するためにもボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
低分子ガラスコーティングをベースとすることで繊細な凹凸のある塗装に浸透することで、定着性・耐久性に優れたガラス被膜を形成します。
トップには防汚性に優れ、UVA・UVB両紫外線軽減効果を併せもったトップコートを施工します。
この2層のコーティング、デュアルプロテクションによりお車のボディを守ることができます。
これでお車のボディは輝きを取り戻し、コーティングよって保護されることでしょう。

引渡しの際にはメンテナンスキット・施工証明書をお渡しいたします。
メンテナンスキットは定期的に洗車の際にご使用いただければ、コーティング効果の持続と光沢の持続させることができます。
使用方法は施工証明書にも記載がありますが、ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。
今回はご用命いただき、誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年10月
施工内容:
リボルト・プロ窓ガラス撥水加工下回り防錆加工