- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

ベンツ・SL550

石川県金沢市からお越しのお客様

ポルシェ911と並ぶラグジュアリーなスポーツカーといえばベンツのSLクラス、そう思う方も少なくはないでしょう。
今では他社メーカー様も力を入れ、この二つに並ぶスポーツカーも多くはなってきましたが、それでもなお人気は衰えませんね。
SLクラスの魅力は、快適性とスポーツ性の両立。うまくバランスの取れた走り心地がオーナー様たちの心を鷲掴みにして放さないのだと僕は思います。

今回はそのベンツ【SL550】のご紹介です。
【リボルト・プロ】でのご施工依頼をいただきました。誠にありがとうございます。

年式は2012年式でしたが、比較的ボディの艶は健在です。シミなどよりも小傷の方が気になるくらいですかね。

dsc_0877.jpg

赤丸で囲ったフロント部分は洗車などで付いたであろう小傷が見えます。
お車のお手入れをしていれば必ずこういうものはついてしまいますので、これはどちらかといえばこれは手入れをしっかり行っているという証拠でもあると思います。

【リボルト・プロ】の施工では、このような小傷を可能な限り下地処理で取り払っていきます。
それでは参りましょう。

下地処理というのは、お車のボディ表面上の塗装を磨く事(ポリッシュ)です。この磨く技術というのがショップ施工者により様々です。
下地処理はただ磨き上げればいいというものではありません。いたずらに磨いたところでお車のボディや塗装を痛めてしまうだけです。
磨くマシン、バフ、コンパウンドの組み合わせの中から、そのお車の車種、年式、色に応じたベストな選択をする必要があります。
それを可能にしたのが、REVOLT独自の高度下地処理技術【Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)】です。
この技術により、お車のボディを最小限の研磨で最大限の輝きを放つボディへと仕上げることができるのです。

dsc_0877.jpg

1617781411.jpg

フロントについていた傷を下地処理でしっかりと処理することができました!

dsc_0879.jpg

dsc_0902.jpg

リアフェンダー部分についていた小傷も綺麗に処理できました!

その後、塗装を長く保護するためにもボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
低分子ガラスコーティングをベースとすることで繊細な凹凸のある塗装に浸透することで、定着性・耐久性に優れたガラス被膜を形成します。
トップには防汚性に優れ、UVA・UVB両紫外線軽減効果を併せもったトップコートを施工します。
この2層のコーティング、デュアルプロテクションによりお車のボディを守ることができます。

引渡しの際にはメンテナンスキット・施工証明書をお渡しいたします。
メンテナンスキットは定期的に洗車の際にご使用いただければ、コーティング効果の持続と光沢の持続させることができます。
使用方法は施工証明書にも記載がありますが、ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。
今回はご用命いただき、誠にありがとうございました。

施工時期:
2020年11月
施工内容:
リボルト・プロ