- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

ホンダ・スーパーカブC125

富山県からお越しのお客様

おそらく街中でよく見かけるバイクといえばこれが一番多いような気もします。
スーパーカブといわれるそのバイクは、初代C100を思わせるようなモデルとなっている現行のC125は、今風のデザインを少し加えアレンジされたボディが少し上質さを感じさせますね。

今回はその【スーパーカブC125】のご紹介となります。
【リボルト・プロ】でのご施工依頼となりました。

オーナー様は何度か当店でバイクコーティングのご施工をしている方です。いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます!

さてさて、新車でのご入庫となりましたスーパーカブ。
カラーリングは黒色で、細身のボディが引き締まって見えます。
この細身のボディを下地処理を行い、さらに引き締まって見えるようにしていきましょう。

バイクの場合、車と違って細かなパーツが多いのが特徴です。
まずはそのパーツをチェックしていきます。
フェンダー周りは目立つ場所ですので、見逃さないのは大前提。足回りやエンジン部分、マフラーや露出している金属パーツなど入念にチェックします。
スーパーカブの場合、大きめのフェンダーが特徴的ですので、ほかの場所よりもより丁寧に、隅々までしっかりと施工を行います。
細かなパーツの処理は手仕上げで、しっかりと落とします。

その後、塗装を長く保護するためにもボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
低分子ガラスコーティングをベースとすることで繊細な凹凸のある塗装に浸透することで、定着性・耐久性に優れたガラス被膜を形成します。
トップには防汚性に優れ、UVA・UVB両紫外線軽減効果を併せもったトップコートを施工します。
この2層のコーティング、デュアルプロテクションによりお車のボディを守ることができます。

引渡しの際にはメンテナンスキット・施工証明書をお渡しいたします。
メンテナンスキットは定期的に洗車の際にご使用いただければ、コーティング効果の持続と光沢の持続させることができます。
使用方法は施工証明書にも記載がありますが、ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。
今回はご用命いただき、誠にありがとうございました。

施工時期:
2020年9月
施工内容:
リボルト・プロバイク ガラスコーティング