- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

マツダ・ロードスター

石川県金沢市からお越しのお客様

車がお好きな方であれば、一度くらいは思ったことがあるのではないでしょうか。
「あぁ、オープンカーに乗ってみたい」
憧れですよね。かくいう僕もその一人で、オープンカーで晴れた日に颯爽とドライブを楽しんでみたいものです。
マツダ・ロードスターはコンパクトなそのボディでありながらパワフルな走り心地でドライブに華を添えること間違いなしのお車です。
オープンカーといえばコレ!というくらいに、メジャーなお車でもありますよね。

今回はそのロードスターなのですが、すごいんです。

dsc_0457.jpg

フロントは社外品で業者様のフル塗装。マツダの赤色に合わせるべく何度か塗装をし直したらしいですが、そのクオリティは見た目では区別はつきません。
FRP仕様のパーツはフロントだけではなく、リア部分も同じくFRP仕様の社外品です。
初めてご来店された時、赤色と社外品パーツで、一瞬ロードスターだとわかりませんでした。
『なんかすごい車来たな・・・!!』が第一印象です(笑)

さてさて、ボディをチェックしていきましょう。
パッと見あまり傷は無いように見えます。

dsc_0458.jpg

dsc_0460.jpg

ボンネットに細かい傷がありますね。このような傷が、意外とギラついて見えてボディがギラギラと光ったように見えてしまいます。
このような傷もしっかりと下地処理で処理していきましょう!

下地処理とは大体ボディを磨き上げる、ポリッシングの事を指します。
とはいえポリッシングといってもその技術は様々です。傷ごと一気に削り取るのは簡単で、そうすれば目立つ傷やシミなどは大抵落とすことが可能でしょう。
しかしその分ボディにも負担をかけることとなります。ましてやFRP素材のボディは繊細で、いたずらに下地処理を行えばたちまち輝きを失ってしまいます。
その点リボルト独自の技術である【Revolt adjust system】はボディに負担をかけることなく下地処理を行います。
ボディに負担をかけることなくじっくり、丁寧に下地処理を行うことでお車のクリア面を最小限の研磨に抑えることができ、それでいてボディの輝きを取り戻すことができます。
下地処理の効果はそれだけではありません。塗装面には汚れや油分、その他様々な成分が付着しています。それらをきっちり落として塗装面を丸裸にし、コーティング剤がしっかりと塗装面に食いつくための下準備という役割もあります。
その後、塗装を長く保護するためにもボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
低分子ガラスコーティングをベースとすることで繊細な凹凸のある塗装に浸透し、定着性・耐久性に優れたガラス被膜を形成します。
トップには防汚性に優れ、UVA・UVB両紫外線軽減効果を併せもったトップコートを施工します。
この2層のコーティング、デュアルプロテクションによりお車のボディを守ることができます。

dsc_0461.jpg

ボンネットの傷もしっかりと処理することができましたね!

引渡しの際にはメンテナンスキット・施工証明書をお渡しいたします。
メンテナンスキットは定期的に洗車の際にご使用いただければ、コーティング効果の持続と光沢の持続させることができます。
使用方法は施工証明書にも記載がありますが、ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。
今回はご用命いただき、誠にありがとうございました。

施工時期:
2020年4月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング