- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

アウディ・A8

石川県からお越しのお客様

ベンツやBMWに続く人気のドイツ車であるアウディ。そのA8も5代目に突入するほど変化を遂げてきています。
全長が標準で5170mm。ロングで5300mmとベンツSクラスやBMW7シリーズを意識をしたオーソドックスなフラグシップセダンのサイズであるといえるでしょう。
またボディ構造も軽量化が図られ、「クワトロ」といわれるアウディの4WDシステムも搭載。またリチウムイオン電池とベルト駆動式スタータージェネレーターによりエコ化も図られています。
いろいろと工夫が施されたお車ですね。

今回はそんなアウディA8のご紹介です。カラーリングは【白】
新車でのご入庫となり、いつもお世話になっているショップ様からのご紹介で依頼をいただきました。
アウディのボディ面積は広く、印象としてはとてもダイナミックなお車だなと感じます。
それでいてエッジのあるボディラインはシャープで洗礼されたデザインなので、スマートなのに迫力があるように見えますね。
さて、白色というのは意外と繊細なもので傷などは目立ちにくいのですが、一度見えると気になってしまうんですよね(個人的な感想です)
なので、新車とはいえ入念なチェックをしていきます。通常光では見えにくい傷も店内完備の高輝度大型LED照明でチェックしていきます。
これにより、我々の施工は新車を新車以上に輝くお車へと昇華させることができるのです。

チェックが終わると下地処理を行います。
施工の中でも一番重要な作業ですので、しっかりと施工します。下地処理は新車のお車にも有効で、何度か記事に書きましたが新車の【くすみ】をとる役割もあります。これは少なからず新車でもクリア面に汚れや凹凸があることを意味しています。
下地処理の効果はそれだけではありません。塗装面には汚れや油分、その他様々な成分が付着しています。それらをきっちり落として塗装面を丸裸にし、コーティング剤がしっかりと塗装面に食いつくための下準備という役割もあります。
その後、塗装を長く保護するためにもボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
低分子ガラスコーティングをベースとすることで繊細な凹凸のある塗装に浸透することで、定着性・耐久性に優れたガラス被膜を形成します。
トップには防汚性に優れ、UVA・UVB両紫外線軽減効果を併せもったトップコートを施工します。
この2層のコーティング、デュアルプロテクションによりお車のボディを守ることができます。

引渡しの際にはメンテナンスキット・施工証明書をお渡しいたします。
メンテナンスキットは定期的に洗車の際にご使用いただければ、コーティング効果の持続と光沢の持続させることができます。
使用方法は施工証明書にも記載がありますが、ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。
今回はご用命いただき、誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年6月
施工内容:
リボルト・プロ