- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

マツダ・アテンザセダン

石川県白山市からお越しのお客様

新車、フルモデルチェンジ、マイナーチェンジ……
イノベーションを起こすたびに、確実に注目を集めている自動車メーカーと言えば、今のマツダがパッと頭に浮かびます。
カラーリングだけで、メーカーとしてのイメージをこれほどまでに高められたメーカーを、他に知りません。
「走る歓び」を、基本に忠実に表現してくれる車を、たくさん作り出している感じがします。

中でもアテンザは、特徴としてスポーティーな走りと、ラグジュアリーな室内空間と、大幅な燃費改善を果たした「スカイアクティブ」、安全装備として「アイ・アクティブセンス」「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」「アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキサポート」など、周囲への事故防止対策機能を備えた非常に優秀な車であり、その割に高級車のような高額ではない、運転する人にも、歩行者にも、全体的に優しいパッケージに収まっています。

今回のお客様は、購入直後の新車をお持ちいただき、「リボルト・プロ」の御用命を頂戴しました。
写真でも分かるように、マツダの赤は、いつどこで見ても鮮やかで、人の目を引きますよね?。
広島カープのマツダカラーのヘルメットも同様に目を引きますよね?笑(広島カープファンの皆様、褒めてるんですよ汗)

……とはいえ、やはり車とはセンシティブなもので、実車の塗装面を見ると、納車前の洗車によって付いたであろう、タオルの磨き傷が至る所に……
デザインがシンプルなだけに、光の当たる角度では、小さな傷でもいらぬ存在感を発揮しており、非常に残念な状態です。
お客様の希望される以上に、深い艶と鮮やかな赤を強調したボディにする為に、じっくり手間暇を惜しまず、塗装面全体を磨き上げていきます。
傷や染みを落とすと言うことは、簡単に言えば、塗装面を削り落とす作業と言う事なので、当然削り過ぎれば、塗装が剥がれてしまうリスクを負う事になるのですが、リボルトでは、オリジナルの施工技術、「リボルト・アジャストシステム」を常用的に用いる事により、塗装面に大きな負担をかける事なく、表面に付いた傷は殆ど落とす事ができます。
私達は、この作業にかける時間を、全工程の7割ほど要します。
作業の大半を下地処理に使うことで、滑らかで深みと艶を持った、コーティングが映えるボディに仕上げる事ができます。

コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、艶、輝きの深みが増す効果があり、更には塗装面への保護力、防汚力もアップします。
また最後に塗布するトップコートには、紫外線軽減(UVカット)機能が加わり、紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。
この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年5月
施工内容:
リボルト・プロ