- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

フォルクスワーゲン ティグアン

石川県羽咋市からお越しのN様

丁度いい大きさでも貫禄あるSUV
フォルクスワーゲン ティグアンのご入庫、ガラスコーティング施工のご紹介です。

小型クロスオーバーSUVとしてサイズ的にはゴルフに近く、全体的にコンパクトにまとまっており丁度いいサイズといった印象です。直線ラインを基調にしたボディで特に顔はサイズはコンパクトでも貫禄があります。基本的なパッケージング・走行性能が高いレベルにあるフォルクスワーゲンですから、確かな満足感を得られることでしょう。

ご入庫頂いた車両は3年前に新車にて納車、購入時のコーティングは未施工となります。
コーティングの役割というと洗車がしやすくなるイメージが強いですが、塗装保護する役割も担っています。コーティングがされていなかったお車は塗装の陥没・クラックが数箇所見られ、ボディ全体には水アカ・大小の傷・色褪せがみられました。
コーティングすることでこれらを軽減することができますので、何もしないよりはコーティングされた方がお車にとっては良いといえます。

長年蓄積された汚れによりボディはくすんでしまい、塗装本来の色は覆い隠されております。新車時のような美しさを取り戻す為には下地処理は欠かせません。
下地処理の方法は施工店によって様々です。数時間でおわるところもあれば、何日もかけておこなうところもあります。当店では作業工程の7割を占める重要な工程位置づけ、下地処理が施工後の美しさを決めるといっても過言ではありません。
今までの一般的な下地処理では塗装の膜厚を多く削ることにより美しさを引き出しておりましたが、
リボルトグループでは独自の高度な下地処理研磨技術Revolt adjust systemにより「最低限の磨きで最大限の美しさ」を引き出すことが可能となります。これにより磨かれた塗装面は塗装の耐久性を著しく下げることなく、本来の色・美しさを取り戻すことができます。

1480839122.jpg

1480839132.jpg

コーティング定着に最適な塗装面となったボディには低分子・完全硬化型ガラスコーティング被膜を形成する2層式ガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工いたします。
従来のポリシラザン系・シロキサン系・シラン系のような高分子タイプでは無機の汚れを引き寄せやすいという性質をもっておりますが、リボルトグループではそこに着目し、低分子化することにより無機の汚れを引き寄せにくい性質を手にすることができました。
これにより、ベースコートは塗装面の奥まで浸透し、完全硬化によりボディを確実に保護・強化いたします。トップコートは無機物汚れ(ミネラル分、カルシウム)と有機物・酸化ヨゴレを防止するとともに、紫外線軽減(UVカット)効果により色褪せからも愛車を保護いたします。

施工後は下地処理で失われた膜厚も「リボルト・プロ」特有の圧倒的な膜厚(3~4μm)で補うことができるとともに、ボディは一層の艶と光沢を放ちます。

愛車を見られたオーナー様は、美しくなった愛車を見られ大変ご満足頂けました。これからも大切に乗って下さいね。

コーティング施工後の維持の仕方としましては、お渡しするメンテナンスキットをご使用頂き、定期的な洗車をして頂くことで、コーティング効果を実感頂くことができます。

また、半年から1年ごとにメンテナンスコースをご利用頂ければ、コーティング被膜にたまった汚れをリセットしますので、より良い塗装状態を維持することが可能となっております。

オーナー様、この度はご用命頂き誠にありがとうございました。

施工時期:
2016年11月
施工内容:
リボルト・プロカーフィルム