- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

ジャガー・XJSのガラスコーティング

1975年に誕生してから40年以上もの歴史を持つ【XJ-S】ですが、いまだその人気は高く。
車が好きな方なら街中で見るだけでテンションが上がってしまうお車なのではないでしょうか。
このお車のオーナー様もその一人で、子供のころからこのお車に乗りたいと願い叶ったお一人でした。

そんな大事なお車である今回の【XJ-S】気合を入れて施工に取り組みます。
ボディの塗装状態はさほど悪くはありません。目立つ小傷やシミはありますがクリア部分が残っているような印象を受けますね。
しかし、年代物のお車ですので慎重に、かついつも以上に丁寧に下地処理を行っていきます。

ジャガーB

角ばったボディラインはエッジのきいた感じではなく、少し丸みを帯びた優しい感じのするラインなので優しく丁寧に施工をします。
ボンネットのぎらぎらとした傷もしっかりと処理。

じゃがーA

ここも慎重に、しかしきっちりと仕上げていきます。
この匙加減は塗装状態を感じながら神経を研ぎ澄ませ、施工に挑みます。

下地処理を終えた後はコーティングです。
塗装を長く保護するためにもボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
低分子ガラスコーティングをベースとすることで繊細な凹凸のある塗装に浸透することで、定着性・耐久性に優れたガラス被膜を形成します。
トップには防汚性に優れ、UVA・UVB両紫外線軽減効果を併せもったトップコートを施工します。
この2層のコーティング、デュアルプロテクションによりお車のボディを守ることができます。
これでお車のボディは輝きを取り戻し、コーティングよって保護されることでしょう。

黒い樹脂部分も、コーティングによってより黒く、深い色に染まります。

引渡しの際にはメンテナンスキット・施工証明書をお渡しいたします。
メンテナンスキットは定期的に洗車の際にご使用いただければ、コーティング効果の持続と光沢の持続させることができます。
使用方法は施工証明書にも記載がありますが、ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。
今回はご用命いただき、誠にありがとうございました。

ジャガー01

ジャガー02

ジャガー03

ジャガー06

ジャガー07

トピックスのご紹介