- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

ホンダ シビック ハッチバック

石川県野々市市からお越しのK様

ホンダ シビック ハッチバック(2018年式:クリスタルブラックパール)
のご入庫、ガラスコーティグ施工のご紹介です。

新車ご購入後1年以内のご入庫となったホンダ シビック。
高輝度LED照明下でボディに状態を確認しますと、全体的に傷やシミが多く重症といった印象。
塗装自体は国産車の中でも比較的やわらかい部類にはいりますので、新車であっても軽微な傷が多い傾向にあります。それでも取り扱い方を注意しなければ重症化することもありますので、保管環境や洗車方法には注意が必要です。

下地処理(磨き)では高度な下地処理技術Revolt adjust systemによって塗装の特性に合わせた機材を使用することで「最小限の磨きで最大限の美しさ」を引き出すことができます。
深めの傷も塗装の膜厚を考慮した磨きにより見えにくい状態へもっていきます。
下地処理(磨き)後は塗装本来の美しい光沢感を取り戻すことができました。
【before→after】

_img4056.jpg

_img4083.jpg

美しさを取り戻したボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
緻密な隙間のある塗装面は素の状態では汚れが食い込みやすい状態です。リボルトグループでは低分子ガラスコーティング剤によりこの隙間を埋めることで汚れが食い込みにくい状態へと変化いたします。形成されたガラス皮膜は強靭な耐久性を発揮いたします。トップコートは滑水性・紫外線軽減(UVカット)効果により、汚れが除去しやすく・紫外線によるボディの劣化・色褪せから保護することができます。

オーナー様、この度はご用命頂きましてありがとうございました。

施工時期:
2018年12月
施工内容:
リボルト・プロ