- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

トヨタ クラウン RS Advance Four

石川県能美市からお越しのN様

トヨタ クラウン RS Advance Four(2018年式:ホワイトパールクリスタルシャイン)
のご入庫、ガラスコーティグ施工のご紹介です。

オーナー様よりガラスコーティングの塗りムラが目立つとのことでご相談頂きました。
ネットで上位ランキングされていたガラスコーティングをDIYで2度塗り施工されたようで、塗装面は拭き残しによるムラでボヤけた印象でした。
このようにDIYによるガラスコーティングの施工は拭き残しが発生しやすいので注意が必要です。

1538789286.jpg

ムラを解消するには研磨による除去が必要となりますが、ガラスコーティング自体は薄い膜が塗装面の上にのっているだけなので、研磨により簡単に除去できますのでご安心下さい。。

高度な下地処理技術Revolt adjust systemにてガラスコーティングを除去したのち、さらに塗装の凹凸を平滑にすることで一層美しさが増します。

美しさを長く保つためにも、ボディにはガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工します。
一般的なガラスコーティングと違い、「リボルト・プロ」は低分子ガラスコーティング剤により塗装の中まで入り込むことができます。
厚みも一般的なガラスコーティングの約3~4倍の厚みをもたせることができますので、1回の研磨でなくなることもありません。
これにより塗装面の強化と汚れの侵入をシャットアウトすることでボディを長く保護することができます。

また、新たにガラス皮膜自体に紫外線蛍光剤を含有することで紫外線軽減(UVカット)効果のある最先端のガラスコーティングとなっています。

オーナー様、この度はご用命頂きましてありがとうございました。

施工時期:
2018年9月
施工内容:
リボルト・プロ窓ガラス撥水加工