- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

ボルボ XC70

石川県加賀市からお越しのM様

クロスカントリーの魅力が増した
ボルボ XC70のご入庫、ガラスコーティグ施工のご紹介です。

V70をベースにクロスカントリーとしての個性を際立たせたXC70。エクステリアは水平を基調としつつ全体的に落ち着いた印象にまとめあげられています。インテリアはS80譲りの見た目・触り心地・乗り心地は高級感があふれています。

ご入庫頂いたお車は認定中古車としてご購入された2016年式。
ボディの状態は屋外保管の影響により全体的に大量の鉄粉の付着、汚れの蓄積、軽度の傷やシミの固着がみられました。

コーティング施工前の下地処理では高度な下地処理技術Revolt adjust systemによって、ボディの症状に合わせて適切に除去及び処置することにより、塗装への負担を最小限にとどめることができます。

_img3203.jpg

_img3200.jpg

_img3232.jpg

_img3201.jpg

_img3225.jpg

下地処理によって平滑性が高く、ガラスコーティングを定着させるために最適なボディ状態となりましたら、ガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工していきます。
低分子ガラスコーティング剤をタップリと塗りこみ浸透させることにより、塗装面はより白く、樹脂は黒々と印象へと変化します。
また、浸透することで得られるメリットは汚れの侵入をシットアウトさせるとともに、付着した汚れが除去しやすい状態となります。
耐熱性・耐候性などに優れたガラス皮膜は厳しい環境にも左右されない定着性と耐久性をもっています。

_img3205.jpg

ガラスコーティング施工後は濡れたような艶感が得られ、愛車の魅力が一層引き立ちます。

1535000437.jpg

お引渡し後はメンテナンスキットを使用したセオリー通りの洗車方法により、コーティング効果と光沢を持続させることができます。

オーナー様、この度はご用命頂きましてありがとうございました。


◆ホワイトカラーの美しさを保つには?
ホワイトカラーは特に鉄粉が目立ちやすいカラーです。
特に冬場には鉄粉やシミが蓄積しやすい環境にありますので、コーティング施工後も1年に1回はこれらを除去することでホワイトカラーの美しさを保つことができます。

施工時期:
2018年7月
施工内容:
リボルト・プロ