- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

ホンダ N-BOX

石川県白山市からお越しのT様

一新された
ホンダ N-BOX(新車)のご入庫、ガラスコーティグ施工のご紹介です。

先代のイメージを残しつつボディ・エンジン・トランスミッションが新設計され大幅に進化したN-BOX。安全装備や運転支援の機能も大幅に充実しており、変わらぬ使い勝手の良さは2代目も人気がでそうなモデルです。

◆厳しい環境にも耐え抜くガラスコーティング「リボルト・プロ」

納車されたばかりのお車は在庫車ではなかったことからボディは大変良好な状態でした。新車といってもシミや傷が多くついてしまっているケースもありますのでコーティング施工前はしっかりとボディの確認が必要です。

室内にて洗車・鉄粉・保護シート痕の除去をすませましたら、パネルごとに状態を確認しつつ下地処理(磨き)をすすめてまいります。高度な下地処理技術Revolt adjust systemによって塗装面の凹凸を平滑にすることで見た目の美しさだけではなく、ガラスコーティングが定着しやすい状態にすることができます。
深めの傷が1か所見られましたが、塗装の膜厚を考慮し完全に除去するわけではなく、見えにくい状態へと仕上げます。

_img3083.jpg

_img3084.jpg

下地処理(磨き)を終えましたら、洗車脱脂後ガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工していきます。
ベースは低分子ガラスコーティングを塗りこむことで塗装面の繊細なすきまを埋め、硬質なガラス皮膜を形成します。これにより汚れが入りこむすきまをシャットアウトする形となり、汚れが付着しにくくすることができます。
またガラス皮膜は厳しい環境にも耐えうる耐候性・耐酸性・耐久性などをもっていますので、長くボディを保護することができます。

コーティング施工後は約3~4μmのガラス皮膜により艶・光沢感も大幅に向上します。

1535183347.jpg

お引渡し後はメンテナンスキットを使用した適度な洗車によりコーティング効果及び光沢を持続することができます。

オーナー様、この度はご用命頂きましてありがとうございました。

施工時期:
2018年7月
施工内容:
リボルト・プロ窓ガラス撥水加工