- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

マツダ CX-8 XD

石川県小松市からお越しのM様

上質さをプラスした
マツダ CX-8 (新車)のご入庫、ガラスコーティグ施工のご紹介です。

繊細ながらも躍動感あふれるマツダらしいエクステリアデザイン。フロントグリルはCX-5より大きく、ヘッドライトは小さく高級感が演出されています。こちらのお車はLパッケージ装着車、よりスタイリッシュな印象に多く配置されているアルミ調のパーツの質感も高く、より高級感がありますね。

◆ディーラーコーティングとの違いは?

ディーラーコーティングにはディーラーが直接施工するものと外注に依頼するものがあります。いずれのケースにしてもどのような施工方法を行うのかは必ず確認されたほうが安心かと思います。
当店では新車限定コース以外はすべてコーティングを定着させるために必要な下地処理(磨き)を含んだ作業のうえ、コーティングを施工施工しています。

洗車、鉄粉除去と作業をすすめましたら、お車のボディ状態を高輝度LED照明下にてチェックしていきますと、部分的に軽度のシミ・傷がみられましたが、全体的に良好な状態でした。
これらを下地処理(磨き)では高度な下地処理技術Revolt adjust systemにて塗装面を調整することで、所々みられる凹凸も平滑にすることでより美しい塗装カラーへと変わります。

ガラスコーティングを定着させるのに最適な下地となってところで、ガラスコーティング「リボルト・プロ」を塗っていきます。
一般的なガラスコーティング剤には溶剤が含まれており、この溶剤が塗装にダメージを与えてしまいます。リボルトグループオリジナルのガラスコーティング剤は無溶剤化することでこの問題をクリアしています。また、無溶剤化することでガラス濃度も高濃度となりハイクオリティなガラス皮膜を形成することができます。形成されたガラス皮膜は厚みをもつことで、濡れたような艶・光沢感がえられるのも特徴です。

洗車の際にはメンテナンスキットを使って洗車して頂くことでコーティング効果を長く持続させることができます。

◆窓ガラス撥水加工も一緒に施工すれば雨の日も快適に
http://www.revolt-kanazawa.com/service/window-coating/

オーナー様、納車前よりご相談頂きましてありがとうございました。

施工時期:
2018年3月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング