- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

マツダ CX-8 XD

石川県白山市からお越しのH様

CX-9の日本版
マツダ CX-8 XD(新車)のご入庫、ガラスコーティグ施工のご紹介です。

エクステリアデザインはCX-5とよく似ていますが、CX-5を延長したわけではなく、CX-9の幅を縮小したのがCX-8となります。3列目シートを備えた全長は4900mm。2列目は十分な広さをもち、3列目シートをたおせばワゴンのような荷室が確保できます。ミニバンよりも走りが楽しめそうなモデルです。

◆作業はすべて室内で

洗車は外で行うところも少なくありませんが、当店では入庫~出庫まで作業はすべて室内で行っています。洗車ももちろん室内です。コーティング定着に欠かせない温度管理も空調設備により万全です。

オーナー様、納車当日にお持ち込み頂きましてありがとうございました。
洗車、鉄粉除去と作業をすすめましたら、ボディの状態を確認していきますと、全体的に目立った傷も少なく大変良好な状態でした。
ここからさらにガラスコーティングの定着力を高めるために下地処理(磨き)をおこなっていきます。
高度な下地処理技術Revolt adjust systemにて下地処理をおこなうことでガラスコーティングの定着力を高めるとともに塗装の凹凸した面を平滑に整えることで、より美しさが際立つようになります。

この塗装の美しさ・光沢感を保つためにも塗装保護に適したガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工していきます。
低分子ガラスコーティングは塗装の中に入り込むことで汚れのくいつきを防ぐとともに、形成されるガラス皮膜は一般的なガラスコーティングに比べ、艶・光沢が一段と増します。
こちらのお車の塗装のチタニウムフラッシュマイカはより深みが増し、より魅力あふれるカラーに仕上がりました。

有機物がつきにくくなっていますので、洗車もスムーズに作業をすすめることができます。またメンテナンスリキッドで仕上げ拭きすることで、コーティング効果と光沢の持続を維持することが可能となっております。

◆オリジナルメンテナンスキットでコーティング効果を長く持続
http://www.revolt-kanazawa.com/service/car-coating/000213/

オーナー様、この度はお忙しい中ご用命頂きましてありがとうございました。

施工時期:
2018年3月
施工内容:
リボルト・プロ