- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

アウディ TTクーペ

石川県白山市からお越しのS様

先進的なデザインは今も美しく
アウディ TTクーペのご入庫、ガラスコーティング施工のご紹介です。

初代TTのイメージを残しつつ躍動感あふれるエクステリアの2代目TT。
そのデザインは色褪せることなく高い人気を誇っています。アウディらしい品質の高い細かな内装の作りこみは大人の雰囲気をもち、優雅なただづまいを感じさせてくれます。

初年度登録2014年式・平均塗装膜厚186μmと一般的な平均塗装膜厚130μmよりも多いことから、再塗装履歴のあるお車だということがわかります。
塗装状態のわかりづらいホワイトカラーも当店のコーティング専用高輝度LED照明下で見てみますと、シミの固着・大小の傷が多くみられました。

1492698475.jpg

ボディの鉄粉及び異物を取り除き塗装をスッピンの状態にてきましたら、下地処理(磨き)にてシミ・傷を解消させ、平滑に整えてまいります。
リボルトグループではRevolt adjust systemという高度な下地処理技術の採用により、限りある塗装膜厚を意識した磨きで「最小限の磨きで最大限の美しさ」を引き出すことが可能となります。
3μmの傷を除去する為には従来ある方法では3μmの塗装を削らなければなりませんが、Revolt adjust systemでは3μm削らずに解消させる工法となっております。
磨くといっても塗装の膜厚には限界がありますので、塗装の余力を十分に残すことは耐久性を著しく低下させることなく、また今後維持していくうえでも大切なことだと考えております。

平滑性に優れコーティング定着に最適な状態となったところで2層式ガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工してまいります。
ご予算がゆるされる限りおすすめしている「リボルト・プロ」。
1層目には低分子・完全硬化型ガラスコーティングをベースコートとし、約3~4μmの厚みのある膜厚形成するガラス被膜で塗装を保護し耐久性に優れております。
2層目には防汚性に加え、紫外線軽減(UVカット)効果も併せもつトップコートにより、塗装への劣化・色褪せを軽減することができます。

紫外線が与える影響は車のボディに限らずコーティングにも劣化の影響を与えますので、長期間コーティング効果を維持するには紫外線対策は必須ともいえます。

「リボルト・プロ」施工後はより深みの増したホワイトカラー。艶・光沢もより向上ますので、さらなる美しさが感じられます。

1492698493.jpg

施工後は滑水性により水分が残りにくく短時間での洗車が可能となります。また付属するメンテナンスキットをご使用頂くことにより、初めてコーティングをされるオーナー様も簡単なメンテナンス
で良い状態が維持できるようになっております。また、今回のようなシミのケースにも十分に対応しているメンテナンスキット内容となりますので、長くコーティング効果を維持することができます。

オーナー様、この度はご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年4月
施工内容:
リボルト・プロ