- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

スバル インプレッサG4

石川県白山市からお越しのM様

ポテンシャルを秘めた
スバル インプレッサG4のご入庫、ガラスコーティング施工のご紹介です。

新型プラットフォームを採用しフルモデルチェンジしたインプレッサ。
インプレッサというとコンパクトなイメージがありますが堂々たるボディです。デザインはイカツいけれどスタリッシュな雰囲気は新しいスバルらしさがありますね。スバルお得意のAWDを代表とした安全性に加え、上質な乗り心地、優れた燃費性能はコントパフォーマンス高さに加えポテンシャルの高さも感じられる車です。

初年度登録平成28年式・走行距離2500km。比較的年式の新しいお車ですが、ディーラーで施工したガラスコーティングの効果が感じられなくなり、今回ご用命頂きました。
メンテナンスキットも付属しているコーティングですが、洗車後の状態を見ますと全体的にシミが張り付き、多くの傷が見られました。
シミにつきましては一冬越していることから、融雪装置からでる水による影響が強いといえます。
融雪装置からでる水は大変汚れており、防汚性を発揮するコーティングの撥水性能に大きな影響を与えますので早めに除去しないと、今回のようにコーティングが破壊されてしまい、洗車だけではとれないシミとなってしまします。
このことからスタッドレスタイヤをサマータイヤに変えるように、コーティングにつきましてもメンテナンスは必ずされたほうが良いといえます。

コーティングを定着させるためにはシミの除去は必須ですので、下地処理(磨き)にてスッキリさせていきます。下地処理(磨き)ではただ磨けばいいわけではなく、どのようなお車でも塗装膜厚を考慮した磨きは大切です。Revolt adjust systemは過度な研磨をさけ塗装の余力を十分に残しつつも、最大限の美しさを引き出す高度な下地処理技術です。
これにより、コーティング定着に最適な状態及び平滑性に優れた塗装面は汚れがつきにくくなります。

【before】

1491985066.jpg

【after】

1491985073.jpg

美しくなった状態ではすぐに傷んでしまいますので、2層式ガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工していきます。
低分子・完全硬化型ガラスコーティングをベースコートとすることで、従来あるような高分子タイプのガラスコーティングよりも無機の汚れ(シミ)を引き寄せにくい性質をもっています。
また、約3~4μm肉厚なガラス被膜を形成しますので、耐久性にも優れ長期間ボディを保護いたします。
トップコートは滑水性により優れた防汚性を発揮するとともに、地上に降り注ぐUVA・UVBの両紫外線に対する軽減(UVカット)効果も併せもっています。これにより塗装の劣化・色褪せを軽減する効果があります。

si4.jpg

「リボルト・プロ」施工後は濡れたような艶・光沢感が体感頂くことができ、価値あるガラスコーティングといえます。

施工後は滑水性により水分が残りにくく短時間での洗車が可能となります。また付属するメンテナンスキットをご使用頂くことにより、初めてコーティングをされるオーナー様も簡単なメンテナンス
で良い状態が維持できるようになっております。また、今回のようなシミのケースにも十分に対応しているメンテナンスキット内容となりますので、長くコーティング効果を維持することができます。

オーナー様、この度はご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年4月
施工内容:
リボルト・プロカーフィルム