- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

日産 GT-R

石川県白山市からお越しのF様

史上最高の変革を遂げた
日産 GT-R(新車)のご入庫、ガラスコーティング施工のご紹介です。

スーパーカー・キラーとして日産GT-Rが誕生してから、早いものでもう9年も経っているんですね。毎年成熟されつづけたR35。このモデルでは一気に加速し、エクステリア・インテリアともさらに洗練性が増しています。史上最高といいたくなるほどの出来栄えですね。

新車納車後1週間以内でのご入庫となりました。
新車といえど完璧な状態というのは難しく、ボディには軽微の傷・シミがみられ、新車特有の保護シートの剥がし痕も数箇所みられました。
【軽微な傷】

1490002370.jpg

【保護シートの痕】

1490002379.jpg

塗装は「日産スクラッチシールド」で磨きにくさに定評がある別名「耐すり塗装」。通常の塗装とは違いクリアー層に柔軟性を持たせ、軽微な傷を熱によって修復するというもの。修復できるのかはわかりませんが、磨きという点においては熱を加えた磨きができない塗装の為、難易度の高い塗装ともいえます。
リボルトグループではRevolt adjust systemにより極力熱を加えない高度な下地処理技術によって、日産スクラッチシールドについても問題なく対応可能となっております。

軽微な傷・シミを下地処理(磨き)にてリセットしたボディには2層式ガラスコーティング「リボルト・プロ」を塗っていきます。
ベースコートの低分子ガラスコーティング剤は緻密な塗装面に深く浸透することで約3~4μmの膜厚を確保します。また、高濃度化されたことにより短時間での完全硬化が可能となり、肉厚な完全硬化型ガラス被膜によって塗装面を保護することができます。

トップコートは滑水性により優れた防汚性能を発揮し、新たに紫外線軽減(UVカット)効果も付与されておりますので、これからの紫外線が強くなる季節には色褪せに対しても効果を発揮いたします。

「リボルト・プロ」施工後は色がより際立ち、艶・光沢が増したお車は特別な存在となってオーナー様の元へお引渡しされます。

ngr50.jpg

汚れやすいマフラーも「リボルト・プロ」を施工することで汚れを軽減するとともに、ボディに負けない美しさとなりました。

1490002388.jpg

今後の維持の仕方としましては、お引渡しの際にお渡しするメンテナンスキットをご使用頂き、セオリー通りの簡単な洗車で行うことができますので、コーティングが初めてのオーナー様でも不安なく維持することが可能となっております。

オーナー様、この度はご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年3月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工