- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

アウディ A7 スポーツバック クワトロSライン

石川県河北郡からお越しのO様

クーペのような流麗なルーフライン
アウディ A7 スポーツバック クワトロSラインのご入庫、ガラスコーティング施工のご紹介です。

ファストバックスタイルが特徴の4ドアクーペ A7スポーツバック。
特にリヤエンドにかけてのデザインはランボルギーニ・ミウラを意識したという独創性のある滑らかさです。全体的なクオリティも高級感があり、さすがはアウディでこだわりが感じられる仕上がりとなっています。

A7のボディは軽量化を実現するためにボディはアルミ製となっています。
下地処理では磨きにより発生してしまう熱をなるべく与えない繊細な作業が必要となります。塗装も国産車と比べると硬く、下地処理で機材・バフ・コンパウンドの選択を間違えてしまいますと塗装に多大なダメージを与えることになってしまいますので、注意が必要です。

今回、ご入庫されたお車も下地処理方法の誤りから、全体的に磨き傷が多く残った状態でコーティングされており、オーナー様も頭を悩まされておりました。
粗い磨き方では仕上げることが不可能な硬い塗装も、高度な下地処理技術Revolt adjust systemにより塗装への負荷を最小限に抑えつつ最良の塗装状態を引き出すことができます。
これにより磨き跡などない美しい塗装へと生まれかわります。

1482395069.jpg

1482395076.jpg

美しく整えられたボディをより強固に保護する為、リボルトグループオリジナルの次世代コーティング「リボルト・プロ」を施工していきます。

高濃度化されたガラスコーティング剤により形成されるガラス被膜は3~4μmという重厚な膜厚を確保することができます。耐久性が増すのはもちろんですが、ガラスコーティング特有の艶と輝きがより一層増しますので、美しさと耐久性を兼ね備えたハイクオリティなガラスコーティング剤です。

今後はお引渡しの際にお渡しするメンテナンスキットをご使用頂くことで、セオリー通りの簡単な洗車で、コーティング効果を長く実感頂けます。

オーナー様、この度はご用命頂き誠にありがとうございました。

施工時期:
2016年12月
施工内容:
リボルト・プロ