- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

BMW 320d

石川県金沢市からお越しのT様

ディーゼルで駆け抜けろ BMW 320dのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

ディーゼルというとエンジン音がカラカラしてうるさいイメージがありますが、最近のエンジンは煩わしいうるささではなくなり、あえて主張するようなエンジン音です。室内は入ってしまえば、快適な空間が広がりを見せ、エンジン音もなりをひそませます。しかし、一度ムチをいれれば低速から盛り上がる高トルクが快適な走りを見せてくれ、高速での安定性はもちろん、街中でもスムーズさを見せ扱いやすいモデルとなっております。当然経済性にも優れておりますので、奥様もご納得頂けるお車ではないでしょうか。

今回ご入庫頂いたお車は認定中古車でご購入され、すぐにお持ち込み頂きました。
ホワイト色ですので、太陽光の下では傷はほとんどないように見えますが、当店のコーティング専用の特殊照明下で見ますと、軽度の洗車・磨き傷・シミが全体を覆っておりました。
また、ボディにはガードワックスが塗られておりましたので洗車→下地処理と作業を進めますと、深い傷が数箇所見られました。
深い傷を除去する為には相応の塗装膜厚を削らなければなりません。塗装膜厚が薄くなるということは耐久性が落ち、逆に汚れがつきやすくなるともいえます。最近の塗装膜厚は薄くなっている傾向がありますので、このような削り方をしていては膜厚はあっという間になくなってしまいます。

リボルトグループでは独自の高度な下地処理技術Revolt adjust systemにより最小限の磨きに抑えることができ、結果塗装に優しく、また今後の維持の為に十分な膜厚を残す磨き方となります。
「最小限の磨きで最大限の美しさ」を引き出したボディには低分子・完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工いたします。
圧倒的な膜厚(3~4μm)を形成する「リボルト・プロ」は保護性能・耐久性に優れているのはもちろんですが、ガラス被膜に覆われたボディはワンランク上の艶・光沢を放ちます。
一般的にはホワイト色はコーティングが映えにくい色ですが「リボルト・プロ」を施工いたしますと、しっとりとした陶磁器のような艶となり、施工前との違いをご体感頂けます。

オーナー様も施工後の明らかな違いをご体感され写真も撮って頂き、私も大変うれしかったです。


お引き渡しの際には洗車方法のご説明・メンテナンスキット・施工証明書をお渡ししております。

今後はこのメンテナンスキットをご使用頂くことで、セオリー通りの簡単な洗車で、コーティング効果を実感頂けます。

また、1年毎ごとにメンテナンスコースをご利用頂ければ、たまった汚れをリセットできますので、長期間艶と輝きを維持することが可能となります。

オーナー様、この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

【作業記録はこちらから】

施工時期:
2016年07月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工