- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

新車でもなぜ磨くのか?

新車の場合、新車塗装を磨くと良くないとか、そこまでする必要がないのでは?と思われている方が多いと思います。

新車塗装はぱっと見は綺麗に見えますが、傷があるケースはほとんどで、傷がない状態でも完成された塗装とは言えないのが現状です。
完成されていない塗装とは?
新車塗装面には細かい凹凸が無数にあり、光が当たると光の乱反射が発生し、ボヤけたように見えてしまいます。
また、納車前整備ではPDIセンターで修正がかけられ、修正痕が残ったままということもあります。

ガラスコーティングを塗装面に定着させる際には塗装面にある細かい凹凸が邪魔になり、不完全な下地の状態で定着してしまうことになり、ガラスコーティングの密着力・耐久性の低下につながってしまいます。

これらを解消させる為、新車塗装も研磨することにより、塗装面の細かい凹凸が平滑に整えられることで、光の乱反射が抑えられ塗装本来の色と艶に生まれ変わります。
生まれ変わった塗装面はガラスコーティングを完全に定着させるための理想的な下地となり、ガラスコーティングの性能をフルに発揮させることが可能となります。

下地処理の差はガラスコーティングの差とも言えるのではないでしょうか?


【REVOLT KANAZAWA / リボルト金沢】
〒920-0362
石川県金沢市古府2-175-2
TEL&FAX:076-259-0806
営業時間:AM9:30~PM19:00(不定休)
お問い合わせはこちらから

トピックスのご紹介