- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

紫外線軽減(UVカット)効果で一歩先行くケアを

紫外線は人体に与える影響も大きいですが、車にとっても大きな影響があります。

【紫外線が強い季節は?】
・春:春は暑いイメージがありませんが、意外に春も紫外線が強い季節です。地表にとどくUVA紫外線は冬場の3倍にもなります。

・夏:太陽がでている時間も長く、1番紫外線が強い季節です。温度が上昇するにしだがって紫外線の量も増えていきます。また、砂浜は紫外線を反射しますので、2倍の紫外線を浴びることになりますので、注意が必要です。

・秋:夏のように日差しは強くありませんが、紫外線量は春と変わりません。

・冬:太陽がでている時間も短く、紫外線の量は少ないです。しかし、雪が多く積もった状況となれば話は別です。紫外線は雪に反射し、空からも併せて2倍の紫外線を浴びることになりますので、夏と紫外線の量はあまりかわりません。


【紫外線による車への影響】
紫外線によって蓄積され続けたダメージでわかりやすい例が樹脂パーツの色褪せで白っぽくなってしまいます。新車樹脂パーツも既に色褪せているケースがほとんどです。

また、紫外線は塗装をも劣化させます。塗装表面に熱エネルギーが発生することにより、クリアー層から徐々に破壊され劣化していきます。劣化した塗装は色褪せ・クリアー層の剝れにつながります。

特に青空駐車の場合は年中紫外線の影響をもろに受けますので、紫外線によるダメージが蓄積されつづけますと、気が付いた時には取り返しのつかない状態となり、再塗装になるケースもあります。

_img2479.jpg

【コーティングしているから大丈夫?】
ワックスやポリマーは紫外線吸収剤を配合しているものがありますが、持続効果が短いものがほとんどです。コーティングの種類によっては紫外線の影響により劣化するものもあります。

ガラスコーティングは紫外線による耐性はありますが、あくまでガラスコーティング自体が対策されているに留まり、紫外線はガラス皮膜を素通りしてコーティングされている下の塗装面などに直接ダメージを与えています。

リボルトグループでは紫外線によるボディへの影響を懸念し、新たに紫外線軽減(UVカット)効果のあるトップコートをリリースすることで、紫外線に対しても予防対策を施しております。


【紫外線軽減(UVカット)効果のあるトップコートとは?】
地球のオゾン層を通り越して地上に降り注ぐ紫外線にはUVAとUVBがあります。
この両紫外線に対して「紫外線変換剤と紫外線吸収剤」を配合することで紫外線による影響を軽減する作用があり、色褪せ・劣化防止などの保護効果があります。

【紫外線照射前】

1481590061.jpg

【紫外線照射後】

1481589919.jpg

紫外線対策

特に紫外線軽減作用の成分を含むコーティングは非常に少なく、リボルトグループが約2年の歳月をかけて独自に開発したオリジナルのトップコートは一歩先行くケアが可能となっております。

リボルトグループでは全コーティングコースにこの紫外線軽減(UVカット)効果のあるトップコートを施工しております。


◆さらに詳しく紫外線軽減(UVカット)トップコートについて
http://www.revolt-kanazawa.com/topics/topcoat


【REVOLT KANAZAWA / リボルト金沢】
〒920-0362
石川県金沢市古府2-175-2
TEL&FAX:076-259-0806
営業時間:AM9:30~PM19:30(不定休)
お問い合わせはこちらから

トピックスのご紹介