- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

Q & A よくあるご質問

お客様からよくお問い合わせ頂く内容をまとめてみました。お問い合わせの前に、参考にして頂ければ幸いです。

  • 他店でコーティングした車のメンテナンスはできますか?

    基本的には施工したお店の方がコーティングことを良く理解されていますので、施工店でメンテナンスをされるのがリスクがなく一番安心です。
    また、その方がより綺麗に仕上げてくれるはずです。

    当店では基本的にコーティングの再施工のご案内となりますが、ご相談はいつでも承っております。

  • コーティング施工後、すぐに雨に濡れても大丈夫ですか?

    どのコーティングコースもボディと強固に結合していますので、すぐに雨に濡れてもボディから流れ落ちることはありませんので、ご安心下さい。

    ガラスコーティングにおいては2日ほどは雨に濡らさないようにして下さいなど、無茶なことを言われることも少なからずありますが、当店のガラスコーティングは完全硬化した状態でお渡ししておりますので、ご安心下さい。

  • どのコーティングコースがおすすめですか?

    施工者の立場からしてみれば、ご予算が許す限りパフォーマンスに最も優れた最上位コース「リボルト・プロ」ををおすすめしています。
    新車の場合は下位コース「リボルト・ライト」を施工してから、再施工の際には最上位コース「リボルト・プロ」へと切り替えるオーナー様もいらっしゃいます。

    但し、正解は1つではありません。高いから良い、安いから良いわけではありませんので、あくまでオーナー様に合ったコーティング選びが重要となります。
    また、オーナー様それぞれによって選ばれる基準・愛車に対する想いは違いますので、事前にコーティングについての悩みやわかならいこと・お住まいの駐車環境・ご予算などをお聞きしたうえで、おすすめのコースを提案させて頂いております。

  • 新車は磨くとよくないと聞いたのですが

    確かに、そういわれているところもありますね。
    新車は新車工場ラインでしかできない特殊な硬い膜(ホーロー層)が作られるからなど・・・
    新車は磨くと塗装の寿命を縮めてしまう、磨かないほうがいいと。

    実際にリボルト本部より専門家へ確認をしましたが、ホーロー層や特殊な膜は生成されることはありませんでした。
    新車工場ラインで塗装された車は最終的に完全硬化した場合ほぼ同じ硬度で安定しますので、ホーロー層なるものはガセネタということになります。

    ではなぜ磨きたくないのか?
    逆の見方をすれば、
    ・磨く技術がない
    ・時間がかかる為、磨きたくない
    ・磨くことで傷を入れてしまうリスクが高まる
    からともいえると思います。

    磨かないで施工すれば短時間で施工でき、利益率も上がりますので、そういうガセネタが出回ったのかもしれません。

    当店が新車を磨く理由としては
    ・ガラスコーティングをしっかり定着させる為
    ・少なからず傷やシミがありますので、除去するのが望ましい
    ・塗装表面には凹凸がありますので、平滑にすることで汚れを付きにくくする
    という明確な理由の元に作業をしております。

  • イオンデポジットやウォータースポットなどの雨シミや水シミは付きますか?

    リボルトグループでは、ガラスコーティングのデメリットである施工後のイオンデポジット(雨シミ)、ウォータースポットなどのシミ固着につきまして独自に研究開発することで大きく軽減させることに成功いたしました。

    一般的な量販ガラスコーティングでは、ガラス被膜が完全硬化する際に空気中の酸素と水分を取り込みながら硬化します。そのため、完全硬化する前に長時間水分がボディーの上に存在してしまうとその部分の水分を多く取り込んでしまいその部分だけ硬化速度が変化し雨シミを作ってしまうというのが主たる原因です。「リボルト・プロ」でコーティングする低分子型の完全硬化型ガラス被膜は量販タイプのコーティング剤に比べて硬化時間を約4分の1に短縮しておりますので、その分シミになりにくいです。

    ガラスコーティングと一言で言っても性能には差がありますので、毎週洗車されていても、付きやすいものと付きづらいものがあります。

    当店のガラスコーティングと付きづらいものとなりますが、絶対にシミなどが付かないという事ではありませんので、お客様の保管状況・洗車方法・洗車頻度により、綺麗な状態を維持するための、アドバイスなどをさせて頂いております。

  • マット塗装もコーティングできますか?

    自動車・バイク・自転車にもマット塗装が増えてきましたが、マットブラックのインパクトは絶大で迫力が増しますね。
    マット塗装は光沢をだす塗装とは違い、塗装表面に細かな凹凸をつけることで、光の反射を広げて、艶を消したような重量感のあるマット塗装となります。
    また、さらっとした感触と一味違った高級感も併せもっています。

    ただ、塗装表面には細かな凹凸がありますので、汚れが溜まりやすく、凹凸にくいこんだ汚れは除去しにくく、ひっかき傷にも弱いデメリットがありますので、お手入れを楽にするためにもガラスコーティングで保護することで、デメリットをカバーするのが良いといえます。

    当店のガラスコーティングでは「リボルト・プロ」が最適です。
    低分子化されたガラスコーティングはマット塗装の細かな凹凸に浸透し、ガラス被膜を形成します。
    これにより汚れのくいこみを防ぎ、水アカ及び油汚れが落としやくなるメリットがあります。

    「リボルト・プロ」施工後はマット塗装の特徴を殺すことなく、より黒々とした印象となります。

    1501465483.jpg

    1501465490.jpg

    1501465497.jpg

  • コーティングは撥水?親水?

    コーティングには「撥水性・親水性・疎水性・滑水性」と色々な種類がありますが・・・

    当店のコーティングは全て「滑水性」となっております。
    では、滑水性とは?どういう状態を言うのでしょうか?

    ボディで一番平面に近いのは天井ですので、天井を例にお話していきます。
    風もない室内で天井に水をかけると、付着した水は静止した状態でその場に留まっています。
    ですが、天井にも前や後ろにかけて傾斜角がありますので、付着した水の量が多くなるとツーと滑るように流れ落ちていきます。
    これがボディのフロント、側面と傾斜角が小さいほど水は流れ落ちていきます。

    結果、水はけが良くなりますので、イオンデポジット・ウォータースポットの付着を軽減させることができます。

    また、洗車後の拭き上げも最小限にすませることができますので、短時間での洗車作業が可能となります。

    ただし、この性能を十分に引き出す為には、ボディをかぎりなく平滑な状態にする必要があります。
    リボルトグループでは高度な下地処理技術Revolt adjust systemを駆使することにより、ボディを平滑にし、コーティングの性能を十分に引き出すことができます。

  • どこまでコーティングするの?

    車の外側については、塗装面・グリル・ライト類・エンブレム・樹脂パーツ・ナンバープレートなどが対象となります。
    各パーツごとに適した下地処理(磨き)をしたうえでコーティングを施工いたします。
    但し、各種コーティングによって密着力・耐久性は異なります。

    また、ドア・トランク・ボンエット内側の塗装面は汚れを除去したのちトップコートのみを施工いたします。
    ※内側の研磨及びガラスコーティングの施工も可能です。別途追加費用が必要となります。


  • クレジットカードは使えますか?

    洗車からコーティング施工まで各種クレジットカード(1回払いのみ)がご利用頂けます。

  • 市販のカーシャンプーを使ってもいいですか?

    ガラスコーティングによって、汚れは施工前より簡単に落ちるようになっていますが、カーシャンプーはなんでも良いわけではありません。

    量販店には酸性・中性・アルカリ性・コンパウンド配合の物などがありますが、選択を間違えるとボディとガラスコーティング自体を痛める可能性がありますので、ご注意下さい。
    もし、量販店でご購入される場合は必ず中性でコンパウンド配合なしの物をお選び下さい。

    また、市販のカーシャンプーには、ドロドロにして濃く見せるための「増粘剤」や、泡立ちを良くするための「発泡剤」が含まれており、これらの成分がシミを作る原因になります。
    そのため、市販品のシャンプーをお使いになるよりは、コーティング後にお渡しする専用のシャンプーをご利用下さい。

    万一、市販のカーシャンプーをお使いになる場合は、シャンプー洗浄したままで乾かさないように十分に注意してください。そして、シャンプー後は十分な水を使いしっかりと洗い流してください。施工後に当店でお渡しする専用シャンプーには、余分な成分は含まれておらず、洗浄能力やPH濃度などカーシャンプーとして最適化されています。この専用シャンプーは、わたしたち洗車・コーティングのプロが実際にお店で使用しているシャンプーと同じものです。

    ガラスコーティング専用のシャンプーを使うということは 長い目で見ると車のボディに対しては非常に優しく、ガラスコーティングの保護にも最適で絶対必要といえるからです。

    シャンプーやメンテナンスリキッドがなくなった場合は、当店で販売していますので、お気軽にご連絡・ご来店ください。

  • ボディーカバーの使用はどうでしょうか?

    車の状態が綺麗な状態であればボディーカバーの使用は良いと思います。週末しか乗らない、しばらく車に乗らないなどの理由がある場合は有効です。ただし、雨に濡れたままでのカバーの使用は良くありませんが最近のボディカバーは濡れた状態でも水分だけを蒸発するものもありますので、そういうものであれば大丈夫です。

    ボディカバーによる擦り傷が気になる方は、以下に注意してボディーカバーを使用してください。
    ・良質のカバーを使用する。
    ・洗車後の車が綺麗な状態でカバーをかける。
    ・カバーの裏側(ボディー接触面)が汚れないようにする。カバーを外すときやカバーの保管時にカバー裏側に砂ぼこりが付かないように注意してください。
    ・カバーを車に装着するとき、または車から外すときに、塗装面でカバーをずらしたり引っ張ったりしない。風がないときに2人以上で作業すると安心です。
    ・風などでカバー自体がめくれたり、バタつかないようにする。

    ボディカバーによる擦り傷は軽度なものでありますので、メンテナンスなどでお越しいただければ簡単に除去出来ます。ご相談くださいませ。

  • 修理をした場合、部分的な施工はできますか?

    パネルごとの施工になりますが、可能です。保険での修理場合、板金塗装と同様にコーティングも保険で担保されますので、ご連絡ください。
    お見積りもお出しできますし、お客様にとって不利になるような事はしません。ご安心くださいませ。鈑金塗装修理~再コーティングまで一貫して作業出来ます。

    保険適応条件としましては施工証明書期間内に限ります。
    また、施工後にお渡しする施工証明書が必要となります。

    修理流れは以下の通りになります。

    1)保険会社様へご連絡
    車両保険で再コーティング希望とご依頼の上、当店の連絡先をお伝え下さい。

    2)当店へ再コーティングのご連絡を下さい。ご予約日を調整いたします。

    3)当店にて、保険会社アジャスター様とで協議・協定の上、
    保険会社様へのご請求いたします。

    4)再コーティング完了しましたら、お客様へご連絡いたします。

    ご不明な点やご相談がありましたら、いつでもご連絡下さいませ。