- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

Q & A よくあるご質問

お客様からよくお問い合わせ頂く内容をまとめてみました。お問い合わせの前に、参考にして頂ければ幸いです。

  • 滑水性ってなんですか?

    水の弾き方を表現している言葉ですが、水の弾き方はコーティングによって様々です。

    ・撥水性:水を付いた際、水玉となって弾き、ゆっくりと落ちていきます。
    撥水性をより水を落ちやすくした超撥水性もあります。

    ・親水性:窓ガラスのように水が弾かず、ベターと流れおちます。

    ・滑水性:水が付いた際、水玉となって弾きますが、撥水性よりも水が落やすく、滑るように落ちていきます。

    但し、気をつけねければいけないのは水の量によって、水の弾き方は変わるということです。
    水の量が少ない時、小雨程度の時は基本的にどのようなコーティングでも撥水となります。
    水の量が多い時、雨あしが強い時は上記のような水の弾き方となります。

    これによりシミが付かないコーティングはなく、あくまでシミが付きにくくなると解釈したほうがよいです。基本的にシミを軽減するには洗車頻度と定期的なメンテナンスが重要となります。

  • 新車は磨くとよくないと聞いたのですが

    確かに、そういわれているところもありますね。
    新車は新車工場ラインでしかできない特殊な硬い膜(ホーロー層)が作られるからなど・・・
    新車は磨くと塗装の寿命を縮めてしまう、磨かないほうがいいと。

    実際にリボルト本部より専門家へ確認をしましたが、ホーロー層や特殊な膜は生成されることはありませんでした。
    新車工場ラインで塗装された車は最終的に完全硬化した場合ほぼ同じ硬度で安定しますので、ホーロー層なるものはガセネタということになります。

    ではなぜ磨きたくないのか?
    逆の見方をすれば、
    ・磨く技術がない
    ・時間がかかる為、磨きたくない
    ・磨くことで傷を入れてしまうリスクが高まる
    からともいえると思います。

    磨かないで施工すれば短時間で施工でき、利益率も上がりますので、そういうガセネタが出回ったのかもしれません。

    当店が新車を磨く理由としては
    ・ガラスコーティングをしっかり定着させる為
    ・少なからず傷やシミがありますので、除去するのが望ましい
    ・塗装表面には凹凸がありますので、平滑にすることで汚れを付きにくくする
    という明確な理由の元に作業をしております。

  • イオンデポジットやウォータースポットなどの雨シミや水シミは付きますか?

    リボルトグループでは、ガラスコーティングのデメリットである施工後のイオンデポジット(雨シミ)、ウォータースポットなどのシミ固着につきまして独自に研究開発することで大きく軽減させることに成功いたしました。

    一般的な量販ガラスコーティングでは、ガラス被膜が完全硬化する際に空気中の酸素と水分を取り込みながら硬化します。そのため、完全硬化する前に長時間水分がボディーの上に存在してしまうとその部分の水分を多く取り込んでしまいその部分だけ硬化速度が変化し雨シミを作ってしまうというのが主たる原因です。「リボルト・プロ」でコーティングする低分子型の完全硬化型ガラス被膜は量販タイプのコーティング剤に比べて硬化時間を約4分の1に短縮しておりますので、その分シミになりにくいです。

    ガラスコーティングと一言で言っても性能には差がありますので、毎週洗車されていても、付きやすいものと付きづらいものがあります。

    当店のガラスコーティングと付きづらいものとなりますが、絶対にシミなどが付かないという事ではありませんので、お客様の保管状況や洗車頻度により、綺麗な状態を維持するための、アドバイスなどをさせて頂いております。

  • コーティング施工後、もし事故に遭われてしまった場合

    あってはならないことですが、万一事故に遭われてしまった場合、
    車両保険にて車を修理する際、部分コーティングも保険適応が可能となります。

    適応条件としましては施工証明書期間内に限ります。
    また、施工後にお渡しする施工証明書が必要となります。

    修理流れは以下の通りになります。

    1)保険会社様へご連絡
    車両保険で再コーティング希望とご依頼の上、当店の連絡先をお伝え下さい。

    2)当店へ再コーティングのご連絡を下さい。ご予約日を調整いたします。

    3)当店にて、保険会社アジャスター様とで協議・協定の上、
    保険会社様へのご請求いたします。

    4)再コーティング完了しましたら、お客様へご連絡いたします。

    当店では板金塗装修理にも対応しておりますので、
    修理から再コーティングまでのご依頼も可能でございます。

    ご不明な点やご相談がありましたら、いつでもご連絡下さいませ。

  • 磨くと塗装が薄くなるので心配なのですが・・・

    最近の車は軽量化やコスト面から鉄板も昔に比べ薄くなっていてアルミボンネットの車も増えてきました。それに伴い塗料も変わり塗装も薄くなり一昔前の磨きでは対応しきれない車も増えてきたのが現状です。
    最近の車の塗装では一度磨きすぎてしまうと後がなくなってしまった・・・とならない為にもお店選びが大切になってきます。
    当店では塗装の厚みをパネルごと膜厚計でチェックしカルテに記入、お客様の愛車の塗装面に熱やストレスを極力与えることがない最新の磨き工法による高度な下地処理技術Revolt adjust systemで施工いたしておりますので過研磨なども防げ安心です。

  • どこまでコーティングするの?

    車の外側については、塗装面・グリル・ライト類・エンブレム・樹脂パーツ・ナンバープレートなどが対象となります。
    各パーツごとに適した下地処理(磨き)をしたうえでコーティングを施工いたします。
    但し、各種コーティングによって密着力・耐久性は異なります。

    また、ドア・トランク・ボンエット内側の塗装面は汚れを除去したのちトップコートのみを施工いたします。
    ※内側の研磨及びガラスコーティングの施工も可能です。別途追加費用が必要となります。


  • クレジットカードは使えますか?

    各種クレジットカードがご利用頂けます。

  • 市販のカーシャンプーを使ってもいいですか?

    ガラスコーティングによって、汚れは施工前より簡単に落ちるようになっていますが、カーシャンプーはなんでも良いわけではありません。

    量販店には酸性・中性・アルカリ性・コンパウンド配合の物などがありますが、選択を間違えるとボディとガラスコーティング自体を痛める可能性がありますので、ご注意下さい。
    もし、量販店でご購入される場合は必ず中性でコンパウンド配合なしの物をお選び下さい。

    また、市販のカーシャンプーには、ドロドロにして濃く見せるための「増粘剤」や、泡立ちを良くするための「発泡剤」が含まれており、これらの成分がシミを作る原因になります。
    そのため、市販品のシャンプーをお使いになるよりは、コーティング後にお渡しする専用のシャンプーをご利用下さい。

    万一、市販のカーシャンプーをお使いになる場合は、シャンプー洗浄したままで乾かさないように十分に注意してください。そして、シャンプー後は十分な水を使いしっかりと洗い流してください。施工後に当店でお渡しする専用シャンプーには、余分な成分は含まれておらず、洗浄能力やPH濃度などカーシャンプーとして最適化されています。この専用シャンプーは、わたしたち洗車・コーティングのプロが実際にお店で使用しているシャンプーと同じものです。

    ガラスコーティング専用のシャンプーを使うということは 長い目で見ると車のボディに対しては非常に優しく、ガラスコーティングの保護にも最適で絶対必要といえるからです。

    シャンプーやメンテナンスリキッドがなくなった場合は、当店で販売していますので、お気軽にご連絡・ご来店ください。

  • ボディーカバーの使用はどうでしょうか?

    車の状態が綺麗な状態であればボディーカバーの使用は良いと思います。週末しか乗らない、しばらく車に乗らないなどの理由がある場合は有効です。ただし、雨に濡れたままでのカバーの使用は良くありませんが最近のボディカバーは濡れた状態でも水分だけを蒸発するものもありますので、そういうものであれば大丈夫です。

    ボディカバーによる擦り傷が気になる方は、以下に注意してボディーカバーを使用してください。
    ・良質のカバーを使用する。
    ・洗車後の車が綺麗な状態でカバーをかける。
    ・カバーの裏側(ボディー接触面)が汚れないようにする。カバーを外すときやカバーの保管時にカバー裏側に砂ぼこりが付かないように注意してください。
    ・カバーを車に装着するとき、または車から外すときに、塗装面でカバーをずらしたり引っ張ったりしない。風がないときに2人以上で作業すると安心です。
    ・風などでカバー自体がめくれたり、バタつかないようにする。

    ボディカバーによる擦り傷は軽度なものでありますので、メンテナンスなどでお越しいただければ簡単に除去出来ます。ご相談くださいませ。

  • 修理をした場合部分的な施工はできますか?

    パネルごとの施工になりますが、可能です。保険での修理場合、板金塗装と同様にコーティングも保険で担保されますので、ご連絡ください。お見積りもお出しできますし、お客様にとって不利になるような事はしません。ご安心くださいませ。鈑金塗装修理~再コーティングまで一貫して作業出来ます。

  • 剥がれたり、ひび割れをしたりしませんか?

    硬度を保ちつつも、ボディーの塗装表面上の曲げ、歪みに追従しますので、剥がれたりひび割れを起こしたりすることはありません。そのようなクレームもありません。太陽光やマフラー、エンジンなどの熱で溶けたりすることもありません。ご安心ください。

  • ホイールコーティング施工はできますか?

    はい。別施工料金にて行っております。

    ホイールコーティングは、ブレーキダストの汚れの固着・焼付を軽減し、洗車時には楽に汚れを落とせるようになります。ホイールコーティングはお車の美しい足元を演出いたします。