施工ギャラリー

石川県金沢市からのお客様 I様

車名:
VW パサート TSI
施工内容:
リボルトプロ,窓ガラス撥水加工
vpti2.jpg

石川県金沢市からお越しのI様 よりご入庫頂きました。
VW パサート TSI ガラスコーティング施工のご紹介です。


8代目となるパサートはVWがかかげる新モジュラー戦略「MQB」に基づいて開発された最新世代の車両となります。水平ラインを基調にしたデザインはより精悍な顔つきに変わりました。内装の質感もドイツ車の中でもトップクラスを誇り、静粛性も高くゆとりのある移動空間が広がっております。ライバル車ではオプション扱いのものも標準装備され、お財布にも優しい輸入車です。

ご入庫頂いたお車は新古車としてご購入され、登録されてから半年経過した車両となります。洗車前の状態ですが、汚れ・鉄粉は多く溜まっておりましたが、目立った傷も少なく比較的良好な状態でした。

丁寧に洗車・鉄粉除去と作業をしましたら、塗装面の美しさを左右する下地処理作業へと工程をすすめてまいります。
下地処理においては、施工店によって様々な方法がございますが、リボルトグループでは長年蓄積された実績・経験に基づき「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」という独自の高度研磨技術を確立しております。これにより塗装本来の美しさを取り戻すことが可能となります。

美しさを引き出したボディには、低分子・完全硬化型ガラスコーティング被膜を持つ、2層式ガラスコーティング【リボルト・プロ】を施工いたします。
ベースコートは塗装面の隅々にまで浸透しアンカーの役割をはたし、塗装面を強化・保護いたします。トップコートは汚れ・シミの付着を軽減させるのはもちろん、新たに開発された紫外線軽減(UVカット)効果が付与されておりますので、紫外線による劣化から保護いたします。

施工後は下地処理で失われた膜厚も【リボルト・プロ】特有の圧倒的な膜厚(3~4μm)により、十分に補うことができます。透明感のあるガラス被膜に覆われた3コートパール塗装はさらに発色が良くなり格段の艶・光沢を放ちます。
vpti8.jpg
コーティング施工後の維持の仕方としましては、お渡しするメンテナンスキットをご使用頂き、定期的な洗車をして頂くことで、コーティング効果を実感頂くことができます。

また、1年ごとにメンテナンスコースをご利用頂ければ、コーティング被膜にたまった汚れをリセットしますので、より良い塗装状態を維持することが可能となっております。

オーナー様、この度はご用命頂き誠にありがとうございました。


作業記録はこちらから