- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

完全硬化型ってどういう事?

コーティングを検討する際に疑問を抱く問題点・・・

「どれくらいもつのか?」
「どのくらいシミがつきにくいのか?」
「結局どのコーティング剤がいいのか?」

コーティング剤を取り扱っている所はコーティングショップ、ディーラー、カー用品店、ネットショップなど数多くのコーティング剤が出回っております。
もちろん含有される成分も違い、石油系・樹脂系・フッ素系・ケイ素系と色んな表記がされて一体どれがいいのだろう?
とわからないことばかりだと思います。

その中でもガラスコーティング剤は一般的に広く広まっており、新車の見積もりにも当たり前のようにはいっております。

しかし・・・
このガラスコーティング剤。大きくわけて2種類に分かれます。

コーティング剤が固まる物と、そうでない物です。

????どういう事?とお思いになるかもしれませんが、
実はガラスコーティング剤と表記しておきながら固まらないコート剤が数多く存在しているのです。

本来ならば「ガラス系成分が含まれたコーティング剤」と表記してほしい所なのですが、
このようなガラス系のコーティング剤は当然硬化はしませんので、ガラス被膜を形成する事はできません。
ガラス被膜が形成できないということは、耐久性に劣ります。当然、ガラス被膜の膜厚が確保できなければガラス特有の艶や輝きも得られません。

リボルトグループが独自開発したガラスコーティング剤「リボルト・プロ」は完全硬化型のコーティング剤です。
肉厚な厚みをもつ強固なガラス被膜がボディ表面を覆いガッチリとガード致します。
ガラスコーティング剤を取り扱っているショップ様にご相談される時は硬化する物なのか是非聞いてみてください。
硬化しないコート剤では施工直後は綺麗に見えたとしても数年後には効果の軽減は免れないでしょう。

さて、前置きが長くなりましたが、この「リボルトプロ」が完全に硬化する事を証明したいと思います。
使用するのはこちらです。

今回は単体テストですので、リボルトプロをたっぷりと注入してみようと思います。
一晩かけてじっくりと硬化させてみました。

ちょっとわかりずらいですがすでに硬化している状態です。
リボルトプロのメリットは硬化時間が短い点が挙げられます。
従来のガラスコーティングは完全硬化まで時間を要します。
「施工直後は雨に濡れないように管理をお願いします。」と言われてしまう事もあります。
お引き渡しはできても完全に固まっていないので、その間に水分を取り込んでしまうと水シミになってしまうおそれがあるんですね。
ですが、管理と言われても現実的には厳しいですよね。
そういった心配もリボルトプロはございません。

すでに硬化はしていましたが、かなりの厚みでテストしておりますので
念のためもう一晩おいて取り出してみました。

1485248587.jpg

いや~実に美しい仕上がりです。これが高濃度のガラス被膜です。

この完全硬化型である高濃度・低分子ガラスコーティング剤「リボルトプロ」のガラス被膜特有の艶と輝きは他を圧倒する別格のクオリティとなります。

スタッフによるコーティングうんちくのご紹介