- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト金沢

「リボルト・ライト」施工後の検証実験

【検証車両】
車両年式:平成14年式
塗装カラー:シルバー
施工前の塗装状態:全体的に軽症、シミや傷が多い状態

「リボルト・ライト」施工後、約6か月経過した車両

【検証内容】
前回洗車してから、約2ヶ月後のボディ状態です。
完全に屋外保管。約2ヶ月間はほとんど動かしていない状態でした。

今回は水で流した後にマイクロファイバークロスで拭き取りを行いどの程度汚れが残っているのかを検証していきます。
拭き取り後はメンテナンスキット付属のシャンプーとメンテナンスリキッドを使用して仕上げています。

【ボンネット】
洗車前

_img3706.jpg

拭き取り後

_img3711.jpg

【ルーフ】
洗車前

_img3710.jpg

拭き取り後

_img3712.jpg

マイクロファイバークロスを絞ると汚れがでてきます。

_img3713.jpg

ルーフは汚れが多く溜まったことにより洗車前は弱い撥水状態で、洗車後はある程度まで撥水が復活しますが、さらにメンテナンスリキッドを塗ることで元のような滑水状態へと復活させることができます。

【検証後】
シャンプー洗車前の撥水状態はボンネット・ルーフは弱まっていましたが、その他は衰えはありませんでした。
車両はほとんど動くことがなかったため、ボンネットやルーフは汚れが溜まりやすい状態でしたが、素の塗装状態と比べると圧倒的に汚れが付きにくくなっています。
雨シミも付きにくくなっていますので、シミが気になるブラックカラーでも維持しやすくなっています。

撥水の持続性は上位コースに及ばないものの、汚れのつきにくさではそれほど大きな差はなく、1年ごとに施工すれば美しさをキープさせることができます。

【リア】

_img3708.jpg

_img3717.jpg

リボルト・ライトのご紹介